特産品 北海道 厚沢部町黄金千貫


北海道檜山郡厚沢部町

厚沢部町(アッサブ)は、
新函館北斗駅から43kmのところにあります。

北海道特産品のさつまいもは、
粘質で甘味が強くなるのが特徴です。

厚沢部町で栽培されたさつまいも、
黄金千貫(オウゴンセンガン)を使った、
「はこだて雪んこ」は、
人気のスイーツです。

・黄金千貫
・がごめ昆布
・函館牛乳
を使った和菓子。

昆布の持つフコイダイン、
腸内環境を改善する乳酸菌EC-12が配合された、
機能性スイーツなのです。

ぜひ一度味わってみてください。
→厚沢部町公式

特産品 北海道 湯あがり温泉プリン

稚内からは、
宗谷本線or40号線で40km程南に
位置する天塩郡豊富町です。

豊富温泉は大正15年、
石油の試掘の際に高圧の天然ガスと共に、
43℃のお湯が噴出したことから開湯した
温泉です。

平成に入ってからは、
アトピーや乾癬などの皮膚疾患によいとの
評判が高まり、
長期滞在者が増えています。

川島旅館公式サイト


川島旅館では、
豊富牛乳でつくったプリンを
食事で出していました。

これを商品化したものが
「湯あがり温泉プリン」です。

ミネラル分豊富な「宗谷の塩」を使用した【塩】、
北海道産丸大豆から作った醤油を使用した【醤油】、
新登場です。

味は濃いのに後味さっぱり。
食べる牛乳という感じです。

特産品 北海道 ホッカイシマエビ

ホッカイシマエビは、
オホーツク地域から根室湾の
アマモの茂る浅瀬に生息しています。



北海道東部の夏の風物詩で、
打瀬船漁で獲られます。

「打瀬船漁」とは、
漁船に2~3枚の帆を平行して張り、
風の力で袋網を引いて漁獲する漁法のことです。


緑褐色の地色に、
白あるいは黄色い数条の縦じま模様がありますが、
湯がくと緑褐色部分が赤くなり、
きれいな紅白のしま模様となります。


食べ方は、
頭の部分は
ヘルメットを脱がせるようにはぎとります。

頭の中には、
オレンジ色のミソが入っています。

身の背中の殻は簡単に取り外せるので、
ひたすらむしゃぶりついてください。

脚を掻き分けるように卵に吸い付けば、
感動の甘さが、
口の中いっぱいに広がります。

取り外した頭の殻は、
味噌汁の出汁に最高です。


特産品 北海道 白いブラックサンダー

ブラックサンダーの発売は、
1994年のことです。

ザクザクとした食感と、
後引くチョコレートが絶妙なバランスを保ちます。


白いブラックサンダーは、
北海道産の牛乳とてんさい糖を使い、
ホワイトチョコでコーティングしてあります。


ブラックサンダーの袋には、
「おいしさイナズマ級!」のキャッチコピー。

白いブラックサンダーは、
「おいしさ直滑降!」のキャッチコピー。


若い女性に大ヒット中!だとか。

特産品 北海道 おもっちーず

これ、
搗きたての餅のようなもっちり感!
でも、チーズケーキなんです。



注意:
・商品が冷凍されている場合は、
冷蔵庫で2乃至3時間解凍する。
と書かれています。


お餅のような食感に、
濃厚なチーズケーキの味が、
こちの中に広がります。

おもっちーずの箱には、
「Japanese cheese cake Omotcheese」
の表示も。

きっと、
来日客にも人気なんでしょうね!